ベランダは、洗濯ものを干したりするだけではなく、第2のリビングのようにガーデンファニチャーを置いて楽しんだり、景色を見て気分転換をしたりする大切な場所ですが、迎えの家や隣の家、道路などからの視線が気になる場合があります。ベランダの開放感を残しながらも、人の視線が気にならないようにするフェンスが人気です。目隠しのシートを取り付けるという方法もありますが、木製のラティスを取り付けたり、おしゃれなフェンスを取り付けたりすることで、居心地の良さが高まり、人目も気にならなくなるうえに、プライベート空間として使うことができるようになるため、最近大変注目されており、話題になっています。大きさにかかわらず、部屋と屋外の間の空間を楽しむことができれば、家での時間がもっと楽しくなります。

おしゃれなベランダを楽しむためのポイント

気持ちの良い自然の風や美しい空や景色を楽しむことができるベランダは、屋外でありながらも、室内のような感覚で過ごすことができる場所です。夜風にあたりながら飲み物を飲んだり、明るい日差しの中で読書をしたりなど、洗濯ものや布団を干すだけではない楽しみ方をする人が増えてきています。お気に入りのガーデンベンチやガーデンテーブルを置いたり、好きな花をプランターに植えて飾ったりする人が多いのですが、人目が気になる場所でもあるため、おしゃれに目隠しをすることが、くつろぐためのポイントになります。目隠しをする場合には、仕切る面積がある程度広くなる場合が多いため、見えにくいようにするだけではなく、屋外用の壁を設置するつもりで、部屋と同じようにおしゃれな内装として考えることがポイントです。

バルコニーフェンスの取り付け方と注意点

バルコニーを第2の部屋として活用したいという人に人気があるのが、木製のフェンスです。適度な隙間が、開放感と目隠し効果を両立させることができるため、屋外のさわやかさを損なわず、人目が気になりにくくなると人気があります。壁でしっかり覆ってしまうよりも、オープンな雰囲気があるため、防犯対策としても人気がある素材です。軽い物なら、ワイヤーや結束バンドで固定する方法が簡単です。取り付けも簡単ですが、撤去するときにも簡単なので、人気があります。また、自立式のラティスやコンクリートブロックに金具で固定するものもあるので、スペースやもともとの手すりの高さなどを考慮して、風に吹かれてもぐらつかない方法を選ぶことが注意点です。また、マンションなどの場合には、管理者に相談してから取り付けることもトラブルを避けるための注意点です。